大磯のとっておき

毎週金曜は、魚金さんの魚を食べる日と決めています。大人は新鮮な地魚のお刺身。子どもたちは貝が大好きなので、アサリみたいに大きなシジミがあると、それを味噌汁にしてあげることが多いですね。魚はそれまでずっとスーパーで買っていたんですが、お節句のときにハマグリを買って以来、魚金さんをのぞくのが楽しくなって。仕事帰りに保育園経由で行くと、子どもたちはいつも生け簀で泳いでいる魚を夢中になって見ています。

インフォメーション

魚金三代目・二挺木祐介さんが毎日更新しているブログには、大磯港にその日揚がった地魚の情報がたっぷり!お店のお刺身コーナーにも、巨大な冷蔵ケースの中にも、そうした新鮮な地魚がずらりと並んでいます。お刺身の盛り合わせは、「地魚だけで」「マグロ入れて」「予算××××円で」などなど好きなように注文できます。天日干しの干物もおいしいですよー。