施主様の声

自分らしいスタイルの暮らしを
楽しんでいる素敵なお施主様。
家を建てたセンパイとして、
これから家を購入する人たちの
ヒントになるようなお話を
お伺いしてきました!

ウッドデッキが家族の憩い場

やっぱり『MALIBU』はよかったやっぱり『MALIBU』はよかった

今回は、大磯町に暮らすK様ファミリーをお訪ねしました。K様が選んだ『ZERO-CUBE』は、カリフォルニアのリゾート地をイメージした『MALIBU』モデル。広々としたウッドデッキのある開放的な居住空間が、大磯の海辺にも、とてもよく似合うのです。


K様ご夫妻は、おふたりとも茨城出身。東京で暮らしていましたが、結婚をきっかけに、神奈川に家を建てたいと思うようになったそうです。「海の近くで暮らす、ということだけならば、茨城に戻る選択肢もあったんですが、自分たちの子どもが将来、大学へ通ったり就職したりするところまで考えると、神奈川の方がいいかもね、ということになって」と奥様。

鎌倉から土地を探しはじめ、じわじわと西へ。頭の中にはいつも、住宅展示場で好きになった『ZERO-CUBE』があったそうです。「『ZERO-CUBE』にオプションの『+BOX』や『+スカイバルコニー』を付けるか、思い切って『MALIBU』にするか、ずいぶん悩みました。『MALIBU』は土地もちょっと広めになるので、予算的にも高くなりますし」。

そんなある日、大磯で湘栄建設の『MALIBU』モデルハウスをじっくり見学する機会があり、「やっぱり『MALIBU』はいいよね!」ということに。「しかも、湘栄建設がすぐ近くにある『MALIBU』にぴったりの土地まで案内してくれたんです。1週間ほど仮押さえしてもらって、ふたりで何度も話し合いました」。

そして、ご購入を決断。そこだけ聞くと即決のようですが、それまでに1、2年かけて土地を探していたことを考えれば、むしろ熟慮に熟慮を重ねた結果、と言えるでしょう。

女性目線、主婦目線でアレンジ女性目線、主婦目線でアレンジ

『MALIBU』の特徴である1階の広いウッドデッキは、家族でBBQやプール遊びをするのにもってこいの空間。「パパが洗車していると、子どもとデッキに腰掛けて、ぼんやり眺めていたり」することもあるそうで、そんなふうに何気ないひとときをのんびり過ごせるのもウッドデッキの魅力です。

そして2階には「大きいから洗濯物をいっぱい干せて便利。波の音も聞こえるし、夜は星空がすごくきれいなんですよ!」と奥様が絶賛するバルコニーがあります。過ごしやすい季節なら、ここでちょっとしたベランピングやお月見(という名の宴会)も楽しめるかもしれません。

『MALIBU』を建てるにあたり、ご主人はなにか基本プランのアレンジを希望されましたか?「ぼくはあんまり家にこだわりがなくて、ミニカーのコレクションだけどこかに置かせてもらえれば十分だったので(笑)、すべて彼女にまかせました」。

まかされた奥様は、女性目線、主婦目線でリクエスト。屋外シャワーは大きなシャワーヘッドにする、リビングの窓には特注の白いウッドブラインドと電動シャッターをつける、作り置きの料理を保存するための大きな冷凍庫をキッチン奥に置く、備え付けの食器棚は一番大きなものにする、趣味で集めた世界各国のスターバックスのマグカップを飾れる棚をつくる、などなど。

「あともうひとつ、最初に見たモデルハウスのリビングは窓が引き戸だったんですが、この家はフルオープンスタイルの窓にしてもらいました。全部開けたときのウッドデッキの見え方や開放感が全然違うんです」。

リビングのソファに座ると、真っ正面にテレビ、そしてヘリンボーンの壁。K様家もそうですが、この壁のデザインを気に入って『MALIBU』を選んでくださる方がとても多く、いまや『MALIBU』と言えばヘリンボーン、なのです。

大磯はちょうどいい感じの町大磯はちょうどいい感じの町

「『MALIBU』の魅力は、ビーチテイストだけど、過剰にアメリカンテイストじゃないところ。わたしたちのようにサーファーじゃなくても好きになれるような雰囲気なんですよね。そのあたりのバランスが程良くてシンプルなので、将来わたしたちの趣向が多少変わっても、住み続けられそうだな、と思ったんです」。

ご主人は以前、飲食業界で働いていたので、お友達が遊びに来ると、大きな魚を1匹丸ごとさばいて、もてなすことがあるそうです。「コロナがなければ、もっと人が集まれる家にしたいんですが、しばらくは仕方ないですよね。『MALIBU』をはじめて見たぼくの友達はみんな、素敵な家だねと言ってくれます。そうそう、この前、宅配便を届けてくれたお兄さんにも、この家カッコいいっすね!ってホメてもらいました(笑)」。

オール電化をよりいかすために、昨年、屋根に太陽光発電装置を設置。ほかに外構も整えたいし、より快適に暮らせるようにいろいろDIYしていきたいけど、なかなか進まないとか。

「でも全然焦ってはいないんです。大磯は『ZERO-CUBE』のお家が多いので、みなさんどんなふうに『ZERO-CUBE』暮らしを楽しんでいらっしゃるのか、気になりますね。あれもいいよねー、これも素敵だねー、なんて言いながら、のんびり町を散策しています」と奥様。

1歳半のお子さんが好きなように走りまわり、好きなように声を出して、のびのびと育っている今の環境は理想的だというご主人。「大磯はそんなに便利じゃないけど、不便でもない。行こうと思えば、すぐ近くに海がある。静かにゆったり暮らしたいわたしたちにとっては、ちょうどいい感じの町ですね」。

ウッドデッキでのシャボン玉まつり、とっても懐かしくて楽しかったです。素敵なお話をありがとうございました!

  • 資料ご請求