『海の近く』編集部のとっておき!

菓子lab.Hの
焼き菓子

国府エリアに建てられたZERO-CUBEには、玄関とは別に独立した出入口のドアが……。そこから入ったところに、アイディア次第でさまざまに活用できそうな、とっておきの面白空間があるのです。この日は焼き菓子『菓子lab.H』さんとマクラメ『Homely Design』さん、ドライフラワー『syuiro』さんたちがその空間に集まり、ドアを開け放って、お家マルシェを開催!

『菓子lab.H』さんのお菓子が大好きなうみちか編集部ものぞかせてもらいました。白い壁はドライフラワーやスワッグ、リースとマクラメで飾られ、色とりどりのお菓子がずらり。となりのキッチンとつながっているので、作家さんたちはそちらに立ってお客さんを迎えていました。子どものころのお店ごっこを思い出したりして、みなさん楽しそう。

決して広くはないけれど、ちょっとしたショップやギャラリー、プチマルシェなどを開くには、これくらいがちょうどいいサイズなのかも。この素敵な空間付きZERO-CUBE、流行りそうな気がしますね!

この日『菓子lab.H』で購入したお菓子は、抹茶、チョコ、オレンジ、プレーンのマドレーヌ。ふつうの丸いマドレーヌとは違ってスティックのような形をしているので、おいしい上に食べやすい! だから、ついつい食べ過ぎてしまいます(笑)。

マクラメ編みの『Homely Design』さんは、流木とマクラメを組み合わせたタペストリーがとても美しく、なんて海辺らしいクラフトだろう、と思いました。マクラメのバッグやボトルカバー、そしてピアスやブレスレットなどのアクセサリーも素敵でした!

『syuiro』さんは、ドライフラワーアーティスト。ドライフラワーとプリザーブドフラワーを自在に使って、スタイリッシュなリースやスワッグ、ボタニカル雑貨などをつくっています。誕生日やお祝い事のプレゼントに花束をお願いするひとも多いとか。

『Homely Design』さんのマクラメのボトルに『syuiro』さんのドライフラワーが飾られていて、そんな美しい花に彩られた空間に『菓子lab.H』さんの色とりどりのお菓子が溶け込んでいて。小さいながらもおしゃれで楽しいコラボ感いっぱいの素晴らしいマルシェでした。

インフォメーション

今回のお家マルシェを開催していた仲良し3人組のインスタグラムはこちら。いずれも店舗を持たずに、ネットやご自宅、マルシェなどで営業中。インスタをチェックしていれば、きっとどこかで会えるはず!

この建物の施工事例はこちら


辻堂支店