『海の近く』編集部のとっておき!

齋藤牧場の
ちがさき牛

某日、湘栄建設の新入社員たちが、茅ヶ崎・菱沼海岸にある『ZERO-CUBE + SKYBALCONY』のモデルハウスを見学。この家に暮らす気分を味わうべく、屋上のスカイバルコニーで、みんなでわいわいBBQを楽しみました。湘南・西湘エリアの素晴らしいところは、こういうときに焼きたい山海のローカル食材がたくさんあるところですね!

新鮮な地場野菜は、市内のあちこちにある無人販売所で揃え、BBQの主役である牛肉は茅ヶ崎北部にある齋藤牧場へ。ここには毎週3日間だけオープンするちがさき牛直売所があり、牧場ならではの新鮮な牛肉を購入することができるのです。この日仕入れてきたカルビとサーロインのおいしさといったら!

「牛肉まで地産地消なんて茅ヶ崎すごくない?」「庭じゃなくて屋上でBBQができるこのお家もすごいよね」「屋上に簡単なキッチンがあるところも便利!」「こんなに開放的なのに、私たち以外だれもいないなんてプライベートビーチみたい!」と、初スカイガーデンBBQに新入社員たちも興奮気味。一応みんな勤務中なので、屋上で昼寝すると最高に気持ちいいことはヒミツにしておきました(笑)。 


『ちがさき牛』は、茅ヶ崎の里山エリアにある齋藤牧場で育てられている国産牛だ。父から受け継いだ牧場を営むのは齋藤勝巳・忠道さん兄弟。広々とした牛舎で交雑牛を約60頭、黒毛和牛を約20頭育て、毎月4頭を出荷している。交雑牛とは父牛が黒毛和牛、母牛はホルスタインというかけ合わせの牛。和牛の肉質と体が大きいホルスタインの長所を持つ国産牛の主流種だ。齋藤牧場では、東北や北海道から10ヶ月の子牛を買い、20ヶ月間世話をする。

「いい肉牛に育てるのは生まれ持った可能性が3で飼料が3、環境と管理が3、というのが父の考え方でした。牛は日々品種改良が進化しているので、個体もかなり優秀なのですが、ぼくたちは残りの6のほうを大事に育てています」と忠道さん。多くの料理人から「はじめて食べたときに衝撃を受けた」と言わしめるほどのちがさき牛のうまさを生み出すのは、オリジナルの飼料。メインはトウモロコシに大麦、米などの穀類だが、そのほかおからに糖蜜、納豆菌、ビール粕に海藻など全15種類の餌を、ブレンドして与えている。

「海藻はテレビ番組の『ガッテン!』を好きだった父が、海藻は体にいい、という特集を観て思いついたんです。人間に良いなら牛にもいいんだ、と父はいつも言ってました。餌に関しては、父が考えたレシピを守って食べさせています」。  広々とした牛舎の環境もクリーンだ。牧場独特の匂いはほとんど感じないほど常に清潔に保たれている。そして牛たちも元気でおおらか。

「一頭一頭に個性があるので面白いですよ。小食なのに大きくなる子がいれば、めちゃ食べるのに体は細いギャル曽根みたいな子も(笑)。うちは同じ牧場で生まれた子だけを同じ柵に入れるのでケンカもないです。生まれが違うと、もめるんですよ。同じ保育園から来た子を、そのまま小学校に入学させている感じかな」。

『齋藤牧場』がユニークなのは独自の生育方法だけでなく、販売もしていること。2011年からはじめた直売所は、多くの買い物客が訪れる。直販価格なので値段も財布にやさしい。

「自分たちで育て、売ると決めたとき、ちがさき牛という名前をつけました。でも肉の切り分け方すら知らなかったので(笑)、最初は知り合いの肉屋さんに来てもらい、技術を学びました。お客さんから教えられることも多いし、『おいしかったからまた来たよ』と言われると自分で育てて売って、良かったなと感じます」。

(『海の近く』2019年8月号より)

インフォメーション

齋藤牧場のちがさき牛は、やわらかくて赤身と脂のバランスが絶妙、食べるほどに味わい深いブランド牛です。こちらではちょっとお得な直売価格でちがさき牛が手に入ります。もともと販売量が少ないので、欲しい部位などがある場合は電話で予約するのがおすすめ。

  • 齋藤牧場 直売所
  • 茅ヶ崎市芹沢397-1
  • 0467-51-0128
  • 10:00〜17:00(金〜日曜)
  • 月〜木曜
  • あり